気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋と犬山の雛飾り・・14.2.17

<<   作成日時 : 2014/03/18 18:51   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

まだ寒さもひとしおの頃、妹から電話

「名古屋のマリオットホテルで雛飾りが飾られているとテレビで見たから行かない?」

マリオットホテルと言えば、JR高島屋と同じJR名古屋駅にあるので、見た後買い物でもできたらいいかもと
「いいよ」と返事をしたら

「じゃ、私車椅子を社協で借りてくるわ」と言う。

???
あぁ、2人じゃなくて、父母を連れていくつもりだったんだわ・・と思う姉の私。

今年になって勤めを辞めた妹だが、普段でも両親をあちこちに連れ出してくれている

なのに、その上、今回のように電車で行けば近いのに、車で行くと時間がかかるし、
あのホテルの中を車椅子に乗せて見物だけに連れて行こうという妹のパワーには感服、敵わない。
自分の事しか考えず、買い物をしようと思う姉とは随分違う・・と反省。

何度も今まで書いているが、82歳の母が89歳の父の面倒を一人でみているので
これまでの人生を、仕事も懸命にしてきたが、遊びに出かけることも懸命にしてきた両親は
自分たちで出かけることが出来なくなって、相当のフラストレーションを感じて生活をしている。

特に母は父をひとりで家に置いて出かけることが出来ない・・と思い込んでいて
何度も肺炎で入院していることもあり、寒い冬に風邪をひかせたら大変!とばかりに、
父の行動ひとつひとつが気になり制限をするようになっていて、そんな言う事ばっかり聞いてられない!と
無視して行動する父に手を焼いている。

その挙句、父も相当ガマンしているのだろうが、怒って口も利かなくなる・・と昔から亭主関白だった
だけあって、母は気が気ではなく、「父の為なのに・・」と愚痴がでることになる。

せめて、週に1日か2日でもデーサービスに行ってくれると母も息を抜けるのだが
「誰々は施設に入れられてしまったそうだ」と、つい昨日のことも忘れてしまうのに
そうした事だけは忘れず話すほどだから、見学には行っても、通う気はさらさら無い。

そんな生活を繰り返している母の大変さが判るだけに、妹も私も出来るだけ実家に出かけて行き、
外に連れ出すことをしている。

そのひとつとしての雛飾りだが、雛飾りと言うと、もう15年ほど前に、両親と妹とで行った
九州の柳川で見た「下げもん」が規模も大きくて印象深く、今でもこの季節になると話が出る。
(と言っても、父はもう忘れてしまっていて、「そうだったか?」と言うようになってしまったが・・)

そうだね!そうした行事は2人とも好きで喜ぶだろう!とネットで調べてみると、
ホテルのロビーで開かれているので、それほどの規模でもなさそうで、
それだけで時間は潰せない、他に何か無いか・・・と調べると、犬山の城下町でも
雛飾りを飾っていると言うので、そちらにも廻ることにした。

当日は妹が車を出してくれて、最初に入院をしている名古屋の叔父のお見舞いに行く

「はよ、元気になれよ」と89歳の父は79歳の叔父に何度も話しかけていた。

が数日後にはお見舞いに行ってきたことは忘れて、
「たまにはお前の弟なんだから見舞い位行ってやれ」と母に言ったとか・・
最近は、そうしたまだら認知症状が出てきている父のことが認められず、
「あんなにしっかりした人だったのに、どうしてこんな風になってしまったんだろ」と母が嘆くことも多くなってきた。

でも、一緒に出かけている時は2人ともご機嫌で、今回もマリオットホテルのロビーに飾られていた
雛飾りに喜んでいた。
画像


でも、やはりそれほど見るに時間はかかることもなく、ホテルで食事をする程の服装もしてないので、
その後国道41号を走り犬山へ向かった。

途中で、昼食に回転ずし店へ・・

お昼時間もとうに過ぎていて、廻っているお寿司が少ないので、タッチパネルで注文をすると
「こんな所に年寄りだけで来ても、食べることも出来ないが、私たちは連れてきてもらえるから幸せだ」と
安さと速さと味に驚き喜んでいる

犬山は、私にとってはまだ妹が生まれる前、初めての家族旅行で来た所でもあるし、
父は毎年成田山へお札をもらいに来た所でもあり、近いだけに、お城も見学しているが、
城下町を歩くのは初めて・・

ここも町おこしらしく、各商店の軒先に雛飾りが飾られている・・というはずだったが
現実は、寒い月曜日だったからか、それほどの雛飾りも見られず、店もそれほど開いていない。

「もうそうも遠くまで行かんでいい・・はよ帰ろ」という父を車椅子に乗せて、やっと一軒「磯川家」という
元呉服屋さんの家に飾ってある雛飾りと屋敷を見て感心し

画像


暖かい雰囲気の喫茶店の温かいコーヒーを飲んで帰ってきた。

画像


これで、1週間ほどは心静かに暮らせるかなぁ〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
つれづれさん、こんにちは♪
何処も同じだなぁとうなずきながら読ませてもらいました。
義母は昨年腰を圧迫骨折してから日々の生活が大変になり、杖、電動ベッドを入れ今度は車椅子です。気持ちがしっかりしている分、嫌なことは何としても嫌なので難しいです。。あ〜あ、お義母さんは還暦の頃遊び歩いていたな〜と思う事も度々。
犬山城、桜の頃は素晴らしいですよね。足を鍛えなくては、犬山城に上れませんよね。
いつこ
2014/03/19 16:13
犬山城は私も行ったよ!古い建物のフレンチで食事しました。

それにしても男の人の介護は大変ね。
女の人は自分の体かきかなくなったら家族に迷惑かけたら駄目だと
ディサービスなんかも受け入れるのよね。でもそこで楽しめる人とそうでない人がいるからそれはそれでかわいそうな気もするけど、
男の人はもともと自分で何もしないから割合とわがままなんだと思うわ。
義父も手を焼いたわ。
でもうちは全部亡くなってしまった。
母の事は今でもしょっちゅう考えてしまいます。
出来るだけの事はしてあげたつもりだけど、後悔はしないつもりでいたけど、
さえ
2014/03/19 19:45
名古屋は前に勤めていた運送屋の時に取引先の社長さんと会う為?飲み会の為?だけに行った事があるだけです。 鳥羽に行くにもちょうど名古屋と分かれ道で伊勢湾岸道へ分かれて行くので。 今度ゆっくり行って見たいなとも思うけど、当てのない旅も楽しそうと思っているところでした。 デイサービスに通うのもご本人の気持ちやご家族の気持ち、負担を考えると難しいですね。デイのスタッフとして色々考えてしまいます。 吊るし飾り、今ちょうど作り貯めているところで完成が楽しみです。
mint
2014/03/19 21:36
いつこさん、こんばんは。
どこも同じですね〜
父は次男で、母はお年寄りの面倒を見てないので、どうしてこんな風になるの?と父の認知状態が信じられないようです。
でも、自尊心だけは人一倍強い人なので、難しいのです。
そうですよね〜還暦の頃、母は今までの人生で一番幸せだ・・と言って、趣味と遊びに飛び回ってました。それに比べても仕方ないですが、親にも孫にも手をかけてます(笑)
犬山城は古いいいお城です。もうすぐ春!ですが、春になると外に出かけたくなるので、このお相手がまた大変になります。
つれづれ
2014/03/19 21:53
さえさん、こんにちは。
特に父は頑固で好き嫌いがあるから難しくて、宅食のお弁当は食べません。
母さんが倒れたらお父さんが大変なんだから・・と言っても母はいつまでも元気で居ると思ってます。
義父などは私に対しては遠慮があったのか穏やかな人だったのですが、男性によっても違う物だとつくづく感じます。
母の人生もありますしね・・そう、後悔したくないからしている・・
結局は自分の為にしているのかもしれないですね。
つれづれ
2014/03/20 13:07
mintさん、こんばんは。
この時、別の場所も探していて、徳川美術館も暦年の雛段を飾ることで有名で候補に挙げたのですが、月曜は美術館がお休みで残念でした。
もし、お出かけの際はこの季節はお奨めの場所です。
デーサービスに義父も通ってましたが、義母が80歳の時にもう面倒はみれんと言われました。その義母の年齢より上で薬の管理から健康管理、食事洗濯、行動の監視?までしているのですから、きっと大変だろうと思います。
私もふたつ作りましたが、少しずつできるのがいいですよね。
この前、伊豆の稲取のつるし雛も見てきました(*^^)v
つれづれ
2014/03/20 23:23
こんばんわ〜〜
前編のお話から今回のお話も、つれづれさんのお人柄がしのばれます。
やらなければならない!だけではなく、いつも出来ることを精一杯なさっているご様子。
年代的にまだまだ私たちの今はどちらかと言えば<つくす>ですよね〜〜
お母さんのご苦労もお察しいたします(実家の母も10年以上父の介護でした)
代わりが出来ませんからかえってつらいものがありますね。
こんな風にして御姉妹でお連れ出来ることはとてもいいことだと思います。

昨年の連休には犬山城に行って来ました。

山形ママン
2014/04/03 20:21
山形ママンさん、こんばんは〜
お返事が遅くなりましたm(__)m
そうですね・・なんだか、上にも下にも「しなくっちゃ!」と思う事が多くて、これって、自分の気持で自分を縛っているような気もしないではないんですけどね(笑)
お母様は10年ですか・・我が母は年齢差が9歳ほどあるので、なんとか尽くしているんですけど、年齢差がある故に父がいつまでも母は若いと思っている節があって、母も大変だと思います。
そうなんですよね・・母の代わりはいくら娘でも食べ物に関しても生活に関しても出来ないんですね・・・そうした事を考えたことも無かったですが、この年になって知ることってまだまだ多いですね〜
今日も2人を連れて、桜見物に出かけてきましたし、3月には、岐阜の梅林公園や長浜の盆梅展などにも行ってきました。外に出かけているとご機嫌で平和です(笑)
犬山に!そうでしたか!
ちょっと声をかけていただいたら、私も出かけていましたのに〜残念。
またこちらの方にいらっしゃる機会がありましたら、是非声をかけてください。
会いに参じます(^_^)v
つれづれ
2014/04/05 21:28
いずれも見事なお飾りですね。
親孝行、出来る時に出来るだけしたいものですね。
らんじゅ
2014/04/08 13:43
らんじゅさん、こんばんは。
この季節はいろんな所でお雛様の町おこしがされてますね。
でも、この季節は寒さもひとしおで、年寄りが出かけるには無理があるかもしれませんが、二人だけで家の中に暮らしているのも無理があるようです。
娘が話し相手になるだけで、気が晴れるようでから、昨日も行ってきました。(^_^.)
つれづれ
2014/04/08 19:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
名古屋と犬山の雛飾り・・14.2.17 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる