気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚き!桃の木!山椒の木!・・・退職祝いのプレゼントに絶句!!!

<<   作成日時 : 2014/04/16 21:57   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 21

前記事からのつづき・

2月頃だったか、息子が夫に退職祝いに何か欲しいものがある?と聞いてきた。
「何もない」と夫が答えたものだから、息子は「じゃ、僕が選んだ物でいいね」と言うので
これは、いつも一緒に乗ろう!と言われている自転車に違いない=困る・・と、しばらくして
「プロトレック(山登り用の時計)がいい」と返事をした。

親子とは良く似たことをするもので、10年ほど前夫が14キロほど離れた職場まで自転車で通っていた事があったが、息子も今同じ位の職場まで自転車で通っている
夫の場合は運動不足解消の為だっだか、息子は自転車競技に嵌っていて、その誘いをよく夫にしていた。

だけど、息子と一緒では流石に最近の息子に体力で付いていけるはずもないと思っている夫は
違うものに・・と布石のつもりで要望したが、「もう、遅い、買ってしまった」と言われて、
そんなに高い物子供3人も居るのにとんでもない・・・どうぞ違いますように・・と願っていた。

が、それが自転車じゃなくて、驚いたことにもっと想定外のオートバイだった。

画像


なんと、息子は娘ふたりに一緒に・・と相談をしたが反対をされた・・(当たり前!)
でも、息子はひとりでも買う!と言うので、長女はそんなに言うなら・・と半額出したと聞いたのは、
もう贈られた後だった。

私などそれを見て、びっくりを通り越して呆れてしまった。
親はそんな高価な贈り物は期待してないどころか、幼い子供が3人も居るのに心苦しいと共に、
独身の時以来バイクに乗ってない夫には危なくて心配でとんでもな!という気持ちばかりだった。

でも、息子曰く、昔夫が私をバイクの後ろに乗せて走るのが夢だった・・だけど出来なかった・・と言っていたのを
覚えていて、「男の永遠のロマン」だ!と言う。

夫も喜ぶよりも驚きの方が大きくて戸惑っているし、取りあえずと車庫に入れようとオートバイを押す姿はよろめいているし・・
オートバイの免許は夫しか持ってないので、他の者では触れないし・・
バイク保険も入らなくちゃいけないし・・
自動車税もかかってくるし・・とマイナスの事ばかり思い浮かんでくる。

お嫁さんは知っているのだろうかと、「あんな高価な物を・・大変な旦那様を持ってしまったね・・」とメールをすると
「私は慣れてますが、驚かせてしまってごめんなさい」と返ってきた

その後、夫はやっぱり何年も乗ってないので自信が無いから、なんとかオートバイ屋さんに引き取ってもらえないか、今なら間に合うかも!と、買った店を聞き出そうとしても息子は「ダメだったら売ってくれてもいいよ」と言うばかりで教えてくれず・・・

私も、なんとかお店の名前を聞こうとするが、「もう引き取ってはくれないよ」と教えてくれない。

それが3月のお彼岸辺り・・神戸での結婚式から帰った時のことだった。

でも、それももう今は時間も経ち、夫も私も諦めて・・・
夫は「折角買ってくれたのだから、山の家の方で乗ってみようかな・・いや、乗ってみることにしよう!」
と我が家の自転車置き場に置いてある。

私も、中年(老年かも?)ライダーの友達が出来て、一緒にツーリングして楽しむ老後もいいんじゃないかな?と
、やっと感謝する気持ちになってきた。
ただし、私は後ろに乗るのはまっぴらゴメンですが・・

ちなみに、次女は同居しているだけに、絶対にバイクは乗らないから反対!とプロトレックの時計を・・
画像

でも、長女がバイクにお金を出しているのを知らず誘って、長女は両方にお金を出していたと知ったのは
随分後のこと・・
普段節約して生活していることを知っているだけに・・・旦那様に対しても心苦しいことこの上ない・・


もうひとつ・・夫が思いがけず嬉しい思いをしたのは・・勤務最終日にその長女がしてくれたこと。

私は以前、長女から、「お父さんの最後の勤めの日3月31日におばあちゃんと子供を連れて職場を見せて
一緒に写真を撮ってきたいと思っているがダメだろうか?」と相談を受けていた。

まさか・・職場に私事を持ち込むのは良くないだろうと最初は思っていたが、
娘の気持も考えて、それとなく夫に最後の日の事を聞くと、
大体の行事は金曜日の28日に終わっていて、31日月曜の午後はもう最終の仕事も終わり、
帰るばかりになるだろうと聞いていた。

だったら、もうこの日で職場に行くもの終わりなんだし、恥のかき捨てでもないが、
職場の方に会ったとしても理解していただける気がしてきて、「そんな日程だから、いいんじゃない」と
伝えてあった。


そこで31日・・長女は施設まで義母を迎えに行き昼食が終わるのを待って、
子供たちも一緒に連れて、夫の職場に行ったそうだ。

着いて夫に電話をすると、驚いて外に出てきたと言う。

その時、長女が「あっちから来る人誰か判る?」と義母に聞くと
「判らん」と言うので
「お父さんと違う?」と言うと
「あんな立派なもんじゃない」と義母は言ったと。

そして、「お前どうしたんや、そんな立派な恰好して」・・とやはり定年退職とか仕事先という認識が出来ないのか、義母は言ったという。
スーツ姿の夫は何度も見ているはずだが、職場で見る息子は立派に見えたようです。

この計画を聞いたお嫁さんは花を準備してくれ、それを持って行き義母から夫に渡したと聞いた。

夫はこれまたびっくりしてハトが豆鉄砲状態・・来客中だったこともあって、一緒に写真を撮って引き返したようだが、最後に親に職場を見せることができ、涙が出るほど嬉しかった・・・と言っている。


その夜は、私が召集をかけてみんなで食事

家でご馳走が作れれば一番いいのですが、この日は私の仕事も忙しい月末なので、
一族郎党でお祝いをしようと、お店に予約を入れておいたら、月曜日だったので貸切状態。

鯛もお店の好意で準備していただけたし、孫たちが少々騒がしくしても気楽に楽しく食事が
出来たことが何よりだった

それに、いつも気がついてくれるのが長女で、この日はお赤飯を私の代わりに炊いて持ってきて
くれて・・ホントに有難い・・

夫も仕事関係とは違う幸せ感を感じたようでご機嫌だった。


さて、この日人生の一区切りができ、4月になりました。

12月までは、あんなに、退職したら山の家で農業や好きなことをするぞ!と
断言していた夫ですが、縁あって12月に声をかけていただいた仕事が、農業以上に興味が持てたようで、
もうしばらくお勤めをすることにしたようです。

私としては、最初の無年金世代の夫、1年間は全くの無収入になることもあって、
1年は出来たら働いて欲しいという気持ちはありましたが、本人次第に任せていたのでラッキー

ふとした縁で、全然想像もしなかった生活が始まり、これからの人生の景色が変わることになりました。
人生って判らないものだなぁとつくづく思います。


夫は1週間位休みがあったらなぁ〜と言いつつ、翌4月1日から新しい職場に出かけるようになりました。
もちろん、オートバイでなく、車でですが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
興味の持てる仕事が見つかって何よりですね。
我が家もぼちぼち期限が迫っていますが、どうなることやらです。
5年は延長できるんですが、まったく行く気もないようで、違う土地で
働きたい所を見つけるのは難しいと思っています。

それにしてもご一家仲よしさんですね。バイク買ったら皮の上下もいるんじゃない?それとカッコいいヘルメット、グローブ大変ね!
さえ
2014/04/17 18:11
さえさん、こんにちは。
そうですね・・今は新しい仕事の為にいろんなことを調べて勉強をしているようです。始業も以前より遅かったり、ゆとりのある仕事なので、夏は山の家から通うようですよ。
我が家も前の仕事の延長はする気が全然なかったですが、何をしても食べさせてくれる人だと思ってましたので、最後は任せてました。人の出会いで行く末が変わるのですから、不思議なものです。
原村で新しい仕事あったらいいですね・・(^_-)
仲良し家族・・なるほどそうかもしれないですね。悪く言えば親離れも子離れもできてない親子なんですけど(笑)
今週は一緒にTDLとスカイツリーに行ってきました(^^ゞ
うっ!そこまでしなくても・・・でも、きっと始めたら欲しい!って言いそうです(^_^.)
そう言えば、BSの番組の火野正平さんの「こころ旅」見てませんか?
今週は滋賀県で、さえさんの知っている所ばかりだろうなぁ・・とか、来週は京都だそうで、歩き回っているさえさんの知っている所ばかりじゃないかな?なんて思いながら見てます。
つれづれ
2014/04/18 12:49
つれづれさん、こんばんは♪
旦那様、定年をお元気で迎えられおめでとうございます。
そして、再就職おめでとうございます!!
63歳定年の夫ですが、さすがにこの頃は疲れがとれなくコタツでウトウトしてます。63定年て無年金を除けば理にかなったような気がします。
バイクですか〜〜。しかも大きくないですか?原付じゃないよね(笑)
夫の還暦に息子がヨーロッパ鉄道横断の旅を作ってくれたのですが(息子は旅行会社なので)あまりにもハードで「定年まで待ってくれ」と言っていました。
息子にとってはいつまでも父親なんでしょうね。
ところで、スカイツリーに上ったんですね。我が家は徒歩20分のところにあります。私も先月はじめてのぼりました。地震が来ないことを切に願いましたよ。
いつこ
2014/04/18 19:49
60定年て無年金を除けば理にかなって〜ですね。間違えちゃった。
63まで長いな。もつかな?
いつこ
2014/04/18 19:53
まだ記事を読む前から、お写真だけを見て???もしや??が的中でした。 物凄いプレゼントですね〜!私までびっくりを通り越してしまいました。 息子さんの思いも分かるし、ご家族の心配も分かる。そしてプレゼントを贈られたご主人の戸惑う気持ちも分かる気がします。退職されて、少し時間もゆったり流れる中、これからは颯爽と風を切って走る瞬間を楽しみになさるんでしょうね〜!どうぞお気を付けて楽しんでください。
mint
2014/04/18 22:21
いつこさん、こんばんは。
ありがとうございます。
就職した時と気持は変わらないのに、体力だけは・・・
大丈夫です、何の違和感もなく、60歳って読んでました(笑)
私は55歳の時に思いました・・昔は55歳定年だったけど、それって結構理に適っているなぁって・・自分自身が感じたんですけど、まだ辞めてません(笑)
400ccだそうですよ。びっくりですよね
ヨーロッパ鉄道の旅!!それなら私大喜びでしたのに、もったいない〜
そうですね・・いつまでも元気一杯の父親のイメージなんでしょうね子供にとっては。
スカイツリー・・待ち時間も長かったですけど、大人も子供も行って良かったと思ってます。
老いも若きも一度は上がってみたい所ですね。
地震は大丈夫に作ってあるでしょうが、あの上から雪が落ちてきたら、怖いなぁと思いましたが、結構広い範囲に影響があるでしょうね。
東京駅からバスで行ったので、外からツリーが見れて良かったです。
地下鉄だったら、ソラマチを見て、そのまま見ずに帰ってきたことでしょう(^_-)

つれづれ
2014/04/18 23:44
mintさん、こんばんは。
流石に、プレゼントされて、しばらくは驚いたよりも、何とも言えず気分が重かったです。その時の気分ではとてもブログねたにはならなかったです。(笑)
それも、最近では良し!かなと思えるようになってきました。
時間が解決した?(笑)
はい、まだしばらくは忙しくて乗ることもできないでしょうが、盗られないように気をつけます(笑)
つれづれ
2014/04/18 23:50
バイクは「男のロマン」ですよ!
学生時代は、バイク漬けでした。北は北海道から、南は鹿児島まで、休みにはバイクに乗ってツーリングしてました。
エンジンにまたがって、ハンドルを握ると心が躍ったものです。
将来、私も定年を迎え(調子が良ければその前から)、田舎に引っ越したら、バイクを買って乗ろうと思っているのですよ。
こんな息子を私も持ちたい、ダンナさんが羨ましい!
本読みと山歩き
2014/04/19 10:22
本読みと山歩きさん、こちらにもありがとうございます。
え〜本読みさんも息子と同じですか!!安心しました(笑)
若い頃はいいんですよ(^_-)
年をとってから再開するバイクは不安のようですよ〜
今日も折角だから山の家まで・・と乗って出たのですが、引き返してきました。
何でも夫の時とは違って手を挙げて運転するタイプなので、違和感があるようです。やっぱり男の人は形から入るようで、乗らない息子は随分迷ったようですが、そこまで気が回らなかったようです?(笑)
うんうん、他所の人がするのはカッコいいんですけどね〜
ちゃんと、奥様に相談してからにしてくださいね。(笑)
つれづれ
2014/04/19 21:52
つれづれさんお久しぶりです。
旦那様の定年ご苦労様でした。
そして早速の再就職おめでとうございました。

皆様に慕われ信頼されてきた旦那様の定年にふさわしい3月の日々の後にビックリのプレゼント!! さぞや驚いたり嬉しかったり(困ったり?)だったことでしょうね。私もいただけるものなら大きい声では言えませんが旅行がいいです(笑)

でも、お義母様を息子の職場に連れていってあげた娘さんのお気持は本当に素晴らしいと感心しました。私も夫の職場最後の日にナイショで迎えに行きました。とても驚いていましたが嬉しかったようです。亡き両親にも見せてあげたかったな。

それにしても55歳定年はいまや昔話?今や60歳でも無年金世代となってしまいましたね。年金生活に入ってみて思ったより大変! 
楽観してましたが節約・節約の毎日なんですよ。(笑)
元気に働けるって本当にありがたいことなんですね。くれぐれもお体と交通安全(笑)に注意なさってご夫婦でこれからの楽しいシニア生活を謳歌なさってください。
けっこ
2014/04/22 07:01
けっこちゃーん、こんばんは
ありがとうございます。
ホントにちょっと無いですよね・・こんなプレゼントは。
息子曰く、欲しいと思っていても、自分で買えるような物はあげたくなかった・・自分と一緒で欲しい!と思った物は結局は手に入れるから・・だそうです。
夫曰く、俺はまだ欲しい!と思った物で手に入れてない物は沢山ある・・そうです。それって考え方は一緒だと思うんですけど、そんな所が似るのも困りものです。
流石けっこちゃーんですね〜
私は娘がそう言っても、自分が・・とは思いもしませんでした。
美しき夫婦愛・・その姿が目に浮かぶようです。

以前は仕事を辞めたら、あれもしたいこれもしたいと思ってましたが、最近は、時々仕事をしていて、する仕事があるって有難いと思う事があります。
そして、案外私は仕事人間で仕事を辞めたら何をしたらいいのか判らなくなるかもって。今は親と孫と仕事で手一杯ですが、それも無くなったら・・
楽しいシニア生活を、さぁ!送ろう!と思った時には体力が無かったりしたら・・
おぉ!怖いですね〜何か見つけなくちゃ!と思いつつ時間だけが経っていきます。
つれづれ
2014/04/23 21:40
ご無沙汰しております〜〜
ま〜その間に様々なことがありましたね。
旦那様お仕事があるのはとてもいいことですね。
お金だけではなくてもう少ししなければならないことがある方が若く過ごせると思います。
息子さんからの贈り物、すごい!
きっと旦那様の中にそんなロマンを感じさせる部分がおありなのでしょうね〜〜
今の生活に慣れてきたら、きっとすてきな時間を作り出せることでしょう。
楽しみを作り出す!そんな時期をこれから過ごして行かれることでしょう。
山形ママン
2014/04/29 19:59
山形ママンさん、こんばんは。
お返事が遅くなりましたm(__)m
こちらこそ、ご無沙汰していま〜す(^_^.)
はい、なんだか年が変わってから、次から次にいろいろありまして、他にも初めてのバスツアーで箱根と河津さくらを見に行ったことや、長浜の盆梅展に行ったことなども備忘録で書いておきたかったのですが、機を逸しました(*^^)
そして、夫の再就職で日常の風景が変わりつつあります。
息子は父親はいつまでも元気!と思っていたようで、未だに乗らない(乗れない?)父を???と思っているようです。
1年すれば仕事のサイクルが判るので、それから少しは楽しむこともせねば!と思ってます。そうですね・・これからが人生で一番楽しい時だそうですから頑張ります!
つれづれ
2014/05/01 20:28
ご主人様、定年ごお疲れ様でした。
再就職が決まってホットされましたが
区切りで、少しリフレッシュさせてあげたかったですね!
息子さんのプレゼントのオートバイで、これから青春ができます。
登山家の田部井淳子さんの言葉で、人生は8合目以降が面白いといいますから!
清兵衛
2014/05/01 21:15
清兵衛さん、こんばんは。
お返事が遅くなりましたm(__)mコメントをありがとうございます。
はい、少し時間があってどこかに出かけるなりリフレッシュする事が出来れば良かったのですが、現実は孫たちとディズニーランドとスカイツリーに行く時間をとるのが精一杯でした。
取りあえず、この一年はどんなサイクルで仕事をするのか見極める事にしているので、それから清兵衛さんの様に、あちこちに出かけられたらいいなぁと思ってます。
そうですね・・仕事仕事と言っている間に頂上についてしまってはつまらないですから、辞める見極めも大切ですね。
つれづれ
2014/05/04 23:46
 ご主人の定年、おめでとうございます。長きに亘るお勤め、良い事も悪い事もいろいろとあった事でしょが、何はともあれ元気に定年を迎えられたこと、本当に良かったですね。
 次のお仕事もされるようですが、これからはまず自身の健康に気をつけられていい日々を過ごして頂きたいものです。
 バイクのプレゼントもビックリ!ですが、私はお母さんが最後の日の職場に息子さんを訪ねられた事にウルッとしてしまいました。
 今の自分も子供の職場を見てみたいと思うし、もしも親が元気なら、職場を見て欲しかったと思うことでしょう。両方の気持が解るだけに、他人事ならず胸が熱くなりました。
 長女さん、とてもいい事をされましたね。(^_^)
山いろいろ
2014/05/23 16:34
山いろいろさん、ありがとうございます。
わが家は、今年も先週田植えを終え、又コメ作りの季節になりました。
新しい仕事は、それができるようにと金曜の午後から月曜の午前中まで明けていただくようにお願いしたとかで、朝もゆっくりになったこともあり、最近はあちらの家から水を見たりして出勤するようになっています。
そんな生活が夫の望だったのでしょうが、そうなると、心配なのは食事と体調です。何でも自分で出来る人なのですけどね。
はい、ホントに、不思議のような気もしますが、サラリーマンの場合は、親はもちろん、妻も夫の職場は見たことありませんし、夫も私の職場は知らないでしょうし、息子然り、娘然りですね。
長女は子供にも見せたかったし、おばあちゃん孝行もあまり出来ないから見せたいと思っていたようですが、一人では流石に無理だったろうけどお婿さんも一緒に行ってくれたから出来たと喜んでいました。
その時はその時しかないのですから、ホントに良いことをしてくれたと思います。
つれづれ
2014/05/24 23:53
今晩は。
やっと櫛挽道守を読み終えました。最初は時代背景が同じで場所も木曽と言う事で、島崎藤村の夜明け前を想いながら読んで居ました。実幸が婿になると言う事に登瀬は疑問を感じていたようですが、容姿も端麗で仕事も出来て、そんな男がどうして嫌いなのかと不思議に思いながら読んで居ました、その内、実幸はきっと裏切るのだろうと思っていましたが、水戸の浪士の子が持って来た弟の書いた草紙を読む辺りから引き込まれて行きました。私は殆ど毎週のように山に行っていますが、私の帰る場所はどこなんだろうかと改めて、自分の居る場所を探さなくては なんて思いました。読み終えて何とか題名の 櫛挽道守 と言う名前が解ったような気がしました。
春を背負っての最後にも、自分の心の中に宝物を持っている人は、周りの人がどんな風に思って居ても幸せなんだ と言う美由紀の言葉がありましたが、私の宝物探しは山なのかも知れません。
インレッド
2014/05/30 17:58
インレッドさん、こんばんは。
この「櫛引道守」は四月うさぎさんのこの記事で紹介されていて、読んでみたい!と思った本でした。http://4gatuusagi.at.webry.info/201404/article_6.html

流石インレッドさん、とても丁寧に読まれて、私はそれに比べると上っ面を流して読んでいたなぁと思いますが、弟がもう少し長生きをして絡んでいる物語にして欲しかったような気がしたり、途中からの実幸も、あの弟の友達(名前忘れました)も、登勢を思う気持ちを考えると切ない気持ちにもなりながら読んでました。
私もやはり山の人間なので、これが海の物語だったら、あまり読む気になれなかったでしょうが、あの山深い木曽路だからこそイメージができて引き込まれたような気がします。
はい、あんなに山好きのインレッドさんなら、間違いなく心の中の宝物は山でしょうね(^_-)
私は・・・・う〜ん・・・まだ五里霧中です
つれづれ
2014/05/30 21:26
つれづれさん おはようございます。
インレッドさんもお読みになったという「櫛引道守」気になります。
しばらく読書らしい読書もしていなかったし、最近は何を読んだらいいか・・探す気も薄れていましたが、四月うさぎさんのご紹介文も読ませていただいて読みたくなりました。 早速今日図書館に行ってきますね。ありがとうございます。

あ、そうそうBSの『日本縦断こころの旅』ご覧になってますか?
この春は正平さんは岐阜県も走ってましたよね。つれづれさんのお住まいはどこかなあ?とか想像していました。 今週は新潟県なんですよ。よろしかったら6月4日放送分をご覧下さいね。さあ、どこに行くのでしょう(笑)
けっこ
2014/06/02 05:43
けっこちゃーん、こんばんは。
いつも、早起きをされてますね〜
私などこの時間だと、まだ布団の中です(+_+)
私もアンテナが錆びついてしまったのか、読みたくなる本を見つけるのが下手になってるし、読み終えるまでの根気が無くなってきて・・教えていただけると、読んでみよう!と思えて有難いです。
けっこちゃーんも、何かありましたら、どうぞ教えてくださいね。

「日本縦断こころ旅」大好きで、朝は食事をしながら、夜は録画して見てます(^_^)vあの小動物や自然に対する接し方を見てると、火野正平さんが女性にもてる訳が判るような気がしますがいかがですか?(笑)
これ内緒なんですが、岐阜県を走ると判った時、私誰にも内緒で投稿したんですよ(笑)でも、没でした(-"-)
そうしたら、この前の岐阜県の時に、チラッと私の投稿した場所が出ていて、あ〜ぁこれでもうここは採用されないなぁ・・と思ったわけです(笑)
けっこちゃーんの関係だと、山古志か長岡と思っていたのですが、今日の予告では上越市になってましたが・・・明日はしっかりと目を開いて見てますね(^_-)


つれづれ
2014/06/03 22:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
驚き!桃の木!山椒の木!・・・退職祝いのプレゼントに絶句!!! 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる